花

剪定で華やかなローズガーデンを自宅で楽しむ|花ライフの秘訣

作業の目的

園芸

農業やガーデニングを自宅で行っている人には、時折、剪定や誘引といった特別な作業が必要となります。それらの目的は、綺麗な外見を保つのみならず、防虫効果をもたらすことにも繋がります。

View Detail

特殊な剪定作業

庭

複数の方法がある剪定作業は、最適な方法を選んで行うといいでしょう。そうすることによって、綺麗なガーデンを保つことができます。フェンスにそって植物が成長しやすいよう、しっかりと支えてあげましょう。

View Detail

花を咲かせるために

自然

お庭の空間演出で良く使われるのは、フェンスなどに仕立てるつるバラを使うのものが有名です。
しかし、このつるバラには、適切な剪定と誘引を行わないといけません。そうしないと折角、仕立てたバラも中々花をつけずに寂しい思いをしてしまいます。
通常は、花を咲かせる春の前に、冬のうちから選定と誘引を行うのが通常のケースです。フェンスに仕立てる花は、春になると私たちの目を楽しませてくれます。したがって、仕立てるフェンスには、必ず道に面したフェンスを選ぶようにしましょう。家と家のあいだのフェンスや、あまり大きな道に面していないフェンスに花を仕立ててもあまり意味はありません。また、ある程度の道に面していないと、十分な日光があたらない可能性もあります。
従って、庭に対してバラやその他の植物を仕立てるには、まずは場所の選定が必要になるわけです。剪定の時期としては、フェンスにしたてたものと同様に、木の成長がとまる秋から冬が好ましいと言われています。最適の時期を狙って、剪定を行える時間を作る為、仕事やプライベートの都合をつけておきましょう。

さらに、剪定と誘引をうまく組あわせて、古い枝を落として、新しい枝が成長しやすい環境づくりをしてやります。剪定とは、枝うちをして植物の見た目を整えて、さらにう正しくきれいに枝が伸びる環境を整えることを指します。
剪定には、確かな技術が必要なので、できるだけこの作業に適した業者をりようするのがいいのです。冬のうちに剪定してもらう業者を、選択できるように知識をためておきましょう。

誘引という作業

花

家庭内でガーデニングを楽しんでいる人は、しっかりとした剪定作業などを行っておく必要があります。植物はすくすくと成長するものとなるので、伸びっぱなしの状態で虫が寄ってくる可能性があるのです。

View Detail