庭

剪定で華やかなローズガーデンを自宅で楽しむ|花ライフの秘訣

誘引という作業

花

フェンスに仕立てた植物の剪定が終われば、この作業の際に解いた誘引を再び設置しなおします。
フェンスに仕立てる植物は、大抵の場合枝が柔軟なことが多いですが、けっして「つる」の植物とは違ってフェンスに沿って勝手に自生してくれるわけではありません。
従って、多少柔らかい枝を、誘引によってしっかりと固定してあげる必要があります。誘引の作業は、剪定と違って逆に枝の成長を促すためにする作業ですから、無理な力を植物にかけてはいけません。固定する際に、強引に力で固定するのは言語道断です。必ず、その枝が伸びていく方向を見極めたうで、できるだけ自然な方向で固定するのがコツです。具体的には、水平方向に固定していくのが良いとされています。

ただし、これは固定する対象がフェンスだった時の場合で、固定するものがオベリスクやアーチのようなものだった場合はまた違った形をとります。例えば、オベリスクの場合は、オベリスクそのものにまきつけるような固定のしかたをします。
また、アーチの場合は、ジグザグに蛇行させるように枝の固定をしていきます。上手に誘引してやることで、花は大量に咲いてくれますから、誘引の基本を忘れずに固定しましょう。


フェンスに仕立てた植物と違って、庭木は放っておくとすぐに乱雑に育ってしまいます。従って、定期的に枝打ちをして、きれいに保つ必要があるわけです。これは、なぜかというと庭木の場合は、その植えられた場所によってはご近所に迷惑をかけることになるからです。
また、枝打ちを定期的にしていないと、日光に当たっている部分はいいのですが、それ以外の部分は影にはいってしまいます。そうなると風通しがわるくなり、湿ってしまいます。この状態が長く続いてしまうと、木が病気になったり、害虫の発生をまねくことになります。